FC2ブログ

よろず箱

気になる動画・画像・ネタ・記事など何でも掲載

2018/09/10 Mon

先日のブログ以降、さらに多くの皆様からの応援メッセージなどを頂き本当に有難うございました。東北、西日本、九州など、被災地の方々からも励ましのお言葉を頂き、本当に心強かったです。
そして、またもや西日本などを豪雨が襲っているようなので、当該地域の方には、お見舞い申し上げますとともに、くれぐれもご注意ください。

台風、地震。その後、身内が被災した社員や知人への対応など、色んな体験して、色んな事を考えさせられた数日でした。
そして、如何に私が天災地変を他人事に思っていたかを、思い知らされる数日間でもありました。

「地震大国だもん。絶対、来るんだって。対岸の火事じゃないんだからさ。分かってるよ」

。。。分かってませんでした。。。

目の前で暴れるテレビをおさえるつもりが、最後はテレビにしがみつきながら、
「え、ダメなの?・・・」
突然すぎて、恐怖と言うより、こんな思いでした。
震度2が4と言うのは大袈裟でも、少なくとも3以上には感じられるボロアパート。
そこで、5強が来ると、どういうことになるかは、ご想像頂けると思います。
棚の上や台所の水切りの皿などが落ちるのは当然として、ガス台が飛び落ちて、少し離れたところの扇風機を破壊していたのには驚きました。

そして、数分後に停電。
直前の騒動が嘘のような静けさ。
更に少し経つと、暗闇の中で聞こえ始める消防や救急のサイレン。
真っ暗の中で、その数がどんどん増えていく。

そして、
「あー。これは、近くで、もっと大きな地震があったな」
と思ったのが、未明に上空を飛び去る戦闘機の音。
自衛隊は、大規模災害など把握に緊急性を伴う最初の観測にF4ファントムなどの戦闘機(偵察機)を使うと聞いたことがあります。

少し空が明るくなってくるまでに、これらの音を聞きながら、女房や部下など、近しい人間たちとの連絡を完了。

そういう事に少しだけ安堵すると、先ほどより小さいとは言え、震源が近かったので、いちいちドンッと突き上げるような余震。
「もっと悲惨な状況で、この揺れが数日続くと、精神的にきついだろうな。。。」
そんな事を思いつつ、空は明るくなってきても、相変わらず、この町で聞いたこともないような数の消防、救急などのサイレンの音を聞きながら朝を迎えた。

社内には災害時のマニュアルがあるので、担当以外は自宅待機。
その担当の一人だったので会社に行くと、各地域から来た担当者から、様々な情報が入ってくる。
午後に来た別の担当者が、
「KIEZOさんの隣町は、電気が来てましたよ」
と言うので、
「あ、そうか。んじゃあ、大丈夫だな。とりあえず、会社で携帯の充電だけしとけばいいか」

。。。この根拠の無い判断がアウトでした。。。

暗くなる前に帰宅したものの、相変わらず停電したまま。
しかし、窓の外を見ると、少し離れたマンションや店の看板は、いつもと変わらず煌々と灯っている。

「ま、大丈夫だろ。繋ぎにランタンでも出しておくか」
などと、お気楽に夕暮れを過ぎ、7時を過ぎても状況変わらず。

「。。。取り敢えず、予備の電池を確認するか。。。」
などと、ランタンを片手に、工具箱を押入れから取り出す。

携帯の充電器、ランタン、ラジオ。
これらのバッテリーは全て単三電池。
なので、普段から、単三は20本が束になっているようなものを多めに買ってある。

。。。買ってあるつもりでした。。。

普段の生活で、髭剃りだのリモコンだの、多くが単四。
単三は学習リモコンくらいなので、殆ど使うことが無く、徐々に減っている事に気づいていなかった。

結局、予備は4本だけ。
充電器も、ランタンも、ラジオも、それぞれに4本以上必要。

「ま、まぁ、朝までだから。。。」
確かに、今回は朝までで済んだから良かったものの、これが数日続く真冬だったらと思うと、ゾッとする。

普段は大雑把な女房だけど、こう言う事には真面目なので、前述の3つも、それ以外に、日持ちのする水、カンパン、乾燥食品など、全てアイツが用意してくれたものである。

そんな事を思いながら、二日目の停電の中で、前日よりも緩くなった余震を感じる度に、
「おい、ボンクラ。自然をなめるなよ」
と、地球に突っ込まれてる気がしてならなかった。

恥かきついでに申し上げれば、この地震の数時間前の深夜に、女房と電話していて、
「いやぁ、凄い風だったなぁ」
などと、前夜の台風による強風の話をしていた。
「お前は寝てただろうけど、明け方にちょっとだけ停電したんだよ。んでさ、当たり前だけど、一瞬で真っ暗になっちゃってさ。玄関に置いてあったランタンまで辿り着くのが大変だったよ」
などと、笑いながら言っていた。
1LDKの狭いアパートでも、何の身構えもなく真っ暗になると、わずかな距離の先にある物が探せない。

「こう言う物は、いざって時に、手元にないとダメだな。」
などと言いながら、結局、玄関に戻していたのである。。。

私以上のボンクラは居ないと思うけど、少しでも該当する部分があるなら、それは是非改善されたほうが良いと思います。
これを書いている時に、今回の震災のみならず、亡くなった方々へお悔やみを申し上げようと思いましたが、こんな状態では、その資格もないと思いますので、今後、出来るだけの防災対策をしてから、心の中で祈りたいと思います。

「備えあれば憂い無し。備えるだけでは意味は無し。」
そんな事を痛感させられる出来事でした。

重ねて、皆様からの暖かいメッセージに心から感謝申し上げます。
未だ、お休みを頂く日もあろうかと思いますが、明日から、少しずつブログも再開する予定です。


よろず箱
管理人 KEIZO
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ホーム

Home

今日は何の日

今日が誕生日の芸能人

他の芸能人の誕生日を見る

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

RSSリンクの表示

このサイトについて

掲載内容(リンク先)で発生した損害については免責させて頂きます。 不具合・問題等がある場合は、下のメールにてお知らせ下さい。 尚、リンクはフリーです。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR